背中ニキビをスキンケアで治す・予防する方法はある?

スキンケアだけで背中ニキビが予防できるなら理想的

 

背中ニキビを治す方法は、いろいろと選択肢はありますよね。

 

ですが、できるだけ自然な方法で、お金もかけずに治療したいという場合。

 

こういうときは、普段のスキンケアの時間で、ニキビができた背中をお手入れをしてあげることが有効です。

 

まずは保湿を心がける

 

背中ニキビができやすい人は、

 

「背中にニキビができやすい。だから自分は、オイリー肌なんだ!」

 

と勘違いしてしまいやすいのですが、実際は乾燥肌であることも多いです。

 

 

というのは、肌が乾燥すると、ニキビができやすくなるからです。

 

肌が乾燥すると、乾燥から肌を守るために、毛穴から皮脂が分泌されやすくなるのです。

 

皮脂の分泌が多くなると、当然ニキビはできやすくなります。

 

あなたの背中は、オイリー肌ではなく、乾燥肌かもしれません。

 

乾燥による皮脂分泌を防ぐためにも保湿をするべし!

 

乾燥によって皮脂分泌が多くなることがある。

 

すなわち、背中を保湿するれば、皮脂分泌量をおさえて、背中ニキビができづらくできる可能性があります。

 

背中を保湿するときは、保湿ケアができる顔用の化粧水を使っても良いですし、背中ニキビ用のものを使ってもOKです。

 

スプレータイプのものだと、手が届きにくい背中でもシュッと簡単にスプレーできて使いやすいですよ。

 

背中を清潔な状態に保つ

 

乾燥肌の人の中には、「お湯で洗うと肌がさらに乾燥するから、洗顔は水洗いにしている」という人がいます。

 

顔はそれでも良いかもしれませんが、背中ニキビを水洗いしても、毛穴の中につまっている皮脂や汚れをしっかり取り除くことはできません。

 

皮脂や汚れを洗い落すためには、ボディシャンプーや石鹸で皮脂を溶かしだして、お湯で流してあげることが必要です。

 

お湯で洗うことによって、確かに背中も乾燥しやすくなってしまいますので、その分たっぷりと保湿ケアをしてあげましょう。

 

乾燥するから洗わないというのでは、毛穴汚れを落とせませんから、ニキビができやすくなってしまいます。

 

清潔に洗ってから保湿をしましょう。

 

ニキビ用化粧水をパッティングして、さらにクリームなどで保湿する

 

背中ニキビをスキンケアで解消するためには、「ニキビ用」とうたわれているスキンケ製品を使うのがオススメです。

 

ニキビ用のものだと、サリチル酸などのアクネ菌を殺菌する成分や、グリチルリチン酸二カリウムなどの炎症を抑える成分が入っていたりしますあ。

 

サリチル酸やグリチルリチン酸二カリウムは、ニキビの有効成分ですので、ニキビ予防の効果も期待できます。

 

顔用のスキンケアブランドとして人気のある商品の中には、背中につけても大きなニキビ解消効果が期待できるものがあります。

 

口コミなどのレビューを参考にしながら、自分に合うものを探してみるとよいでしょう。

 

もちろん、背中ニキビ用に開発されている製品を使ってみてもいいでしょう。

 

化粧水を優しくパッティングしたら、すぐに保湿する

 

化粧水をつけるだけだと、すぐに蒸発して乾燥してしまいます。

 

化粧水をつけたら、すぐにクリームや乳液などで保湿してあげるましょう。

 

人それぞれ、自分の肌との相性があるので、色々と試してみて自分の肌にピッタリ合ったスキンケア商品を見つけること。これが大切です。