背中ニキビの治療に役立つ市販薬、ドラッグストアでどんな薬がある?

背中ニキビ治療に役立つ薬。ドラッグストアにどんなものが売ってる?

 

ドラッグストアで売られている薬でも、背中ニキビの治療に役立つことがあります。

 

例えば、塗り薬

 

ドラッグストアなどで売られているニキビの塗り薬には、ニキビの炎症を抑える成分が入っているものがあります。

 

赤く腫れた背中ニキビがあるときは、何もしないよりは、こういったものを塗った方が治りが早いでしょう。

 

ドラッグストアや薬局で購入できる医薬品は、医師から処方箋をもうらう必要がなく、すぐに買えるのが嬉しいですよね。

 

ただし、塗り薬は、基本的に対処療法だということに注意が必要です。

 

対処療法とは、「ニキビができてから対処する」という意味です。

 

ですが、ニキビは、できてしまうと跡に残るリスクが高いじゃないですか?

 

ニキビができてからでは、ある意味手遅れなんですよね。

 

跡に残ってしまうと、肌にシミのようなものがずっと残ってしまって、ずっと嫌な気分が続くことになってしまいます・・・

 

だから、対処療法というのは、あんまり好ましくないんですよね。仕方なく使うような感じですね。

 

 

やはり、背中を綺麗にするには、新しいニキビができないように予防することが、何よりも大切です。

 

なので、ニキビやニキビ跡の改善だけでなく、ニキビ予防にもなる「ニキビ専門のエステ」って、なかなかいいとわたしは思うんですよね。

 

※と言っても、質の悪いエステもけっこうあるので注意が必要です。

 

参考:背中ニキビのエステは結果重視で選ぶべし。その理由は?

 

 

ニキビ対策の飲み薬として、漢方薬が売られていることも

 

他には、ニキビ対策の飲み薬として、漢方薬もドラッグストアで売られていることもありますね。塗り薬ほどは見かけませんが。

 

参考:背中ニキビを漢方薬で治せる?

 

漢方薬は、西洋医学の薬のような、ハッキリとした効果がわかりづらいのが難点です。

 

効果がわかりにくいと、続けるモチベーションを保つのも大変です。漢方薬は安くないですし。

 

ダメ元で気長に続けてみるのがいいかもしれません。

 

ビタミンB群などが入った錠剤タイプの薬

 

背中ニキビの予防に役立ってくれる薬には、「錠剤タイプの薬」もあります。

 

これはビタミンB2・B6・Cや、生薬成分などが入っているものです。

 

ビタミンB2が主成分となっており、ビタミンB2を集中的に摂取することによって、肌トラブルを改善してくれる効果が期待できるというものです。

 

ビタミンB2には、健康な肌を作り出すのに必要不可欠なコラーゲンの生成と、大きな関係があります。

 

不足すると、口内炎やニキビなど、皮膚疾患が起こりやすくなってしまうのです。

 

特に、炎症系の皮膚疾患に対しては、ビタミンB2は大切な成分なので、背中ニキビでも炎症を起こしているニキビができているなら、飲んでおくのがおすすめです。

 

ただ、ビタミン類が主成分の薬は、第3類医薬品であることが普通なので、安全性が高い反面、目に見える効果も感じづらいです。

 

抗炎症成分が含まれた塗り薬や、皮膚科でもらう抗生物質と比べると、イマイチに感じてしまうかもしれません。

 

他にも商品はいろいろ

 

これ以外にも、背中ニキビに効果が期待できる薬は、たくさんあります。

 

例えば、持続性のビタミンB2が配合されている商品もあります。

 

体内でビタミンB2が長時間作用してくれるので、ニキビを作りにくい肌質づくりができます。

 

また、こういった薬には、肌を作っているアミノ酸の代謝と大きな関係があるビタミンB6や、体のエネルギー代謝と関係があるビタミンB1なども入っていることが多いです。

 

肌の炎症を抑えるだけでなく、ニキビをできにくくし、できているニキビを改善するなど、ニキビに関しては多方向から作用してくれるのが特徴です。

 

また、背中ニキビに効果的なビタミンB群に加えて、抗酸化作用が高いビタミンCもたっぷり含んでいる薬を利用するのもいいでしょう。

 

中には1日1回の服用で十分というだけでなく、1日当たりわずか2錠で済むものもあるので、何錠も飲むことが面倒という人でも続けやすいですね。

 

錠剤タイプのものは、体の中から作用してくれものですから、患部に塗るタイプとは異なり、時間をかけることによって、ニキビの改善が期待できる薬です。