食事で背中ニキビを予防するには?ダイエットや便秘解消効果も?

食事で少しでも背中ニキビを予防したいなら

 

食べ物や栄養成分によって、ニキビができやすくなったり、逆にできにくくなる、ということがあります。

 

栄養成分で言うなら、

  • 脂質
  • 糖質

のとりすぎは、皮脂分泌を活性化させるので、背中ニキビを予防するという点では、あまりおすすめしません。

 

一方、

  • ビタミン
  • ミネラル

などは、皮脂を体外に排出する作用があったり、抗酸化作用によってニキビを作りにくい体質づくりができるので、背中ニキビの予防効果につながります。

 

肉よりも野菜中心の食事がおすすめ

 

背中ニキビができやすくて悩んでいる人は、「肉」よりも「野菜」を意識した食生活に、一度、変えてみてください。

 

赤み肉ならOK!脂身の多い肉は注意

 

とは言っても、肌はタンパク質が主な原料ですから、肉が全部ダメというわけではありません。

 

赤身の肉は、上質なタンパク源となりますから問題ありません。

 

一方、ジューシーで美味しいお肉には、脂身もたっぷり含まれていることが多く、これはあまりおすすめしません。

 

脂身を食べることによって、皮脂分泌が活性化されてしまうからです。

 

糖分のとりすぎも、皮脂分泌を活性化させる原因に

 

また、スイーツや炭水化物などの糖分をたくさん食べすぎると、体内で分解されなかった分が脂質として体内に蓄積されます。

 

それが皮脂分泌を活性化させることにつながってしまいます。

 

それに、糖分の取りすぎは、糖尿病を引き起こすリスクにもなるので、ニキビ予防だけでなく健康という意味でも控えたほうが良い成分と言えるでしょう。

 

刺激の強いスパイス系料理も注意

 

カッと体中が熱くなるスパイス系の料理も、背中ニキビをできやすくしてしまうので要注意です。

 

スパイスを食べると、辛いので体中が熱くなり、体温も上昇します。

 

そうすると、熱が体内にこもりやすくなってしまい、それが背中ニキビの原因になってしまうのです。

 

背中ニキビ予防におすすめの食事

 

背中ニキビを予防したい場合には、食事は、洋食や中華よりも、「あっさり系の和食」がオススメです。

 

ただし、和食と言っても、うどんやそばなどの炭水化物系は糖質なので、食べすぎてしまうと、ニキビにとってはマイナスになるので注意してください。

 

理想的なのは、懐石料理のように、野菜を中心とした食材がバランスよく食べられる食事です。

 

「そんなもん、毎日食べてらんない」と思うかもしれないですが、毎日は無理でも、できる範囲で意識することが大切です。

 

あっさり和食はメリットが多い

 

こうしたあっさり系の和食は、カロリー的にも少ないのでヘルシーで、ダイエット効果も期待できますよ!

 

また、食物繊維が充実した食材が使われていることが多く、便秘をスッキリ解消してくれる効果も期待できます。

 

毎日スッキリすることによって、体内の毒素や老廃物が体内に蓄積されにくくなりますので、ニキビを作りにくい体質へと変えることができます。

 

腸内環境も、実はニキビにかなり影響しているんです。

 

また、調味料や味付けも、極度に特定の味に偏っているものは避けて、マイルドな味を意識すると、ニキビの原因を最大限に排除できます。

 

毎日の食事を気をつけることで、背中ニキビができにくい体質を手に入れることができます。